バイクの免許の種類

暑くて寒くて雨に濡れて。。。そんな素敵なバイクライフを始めようと思ったら、まずはバイクの免許を取らなくてはなりません。
バイクの免許証はバイクの「排気量」つまりバイクのパワーによって必要な免許が変わってきます。

まずはバイクの免許の種類について説明します。

バイクの免許の種類

原付免許

乗れるバイクの排気量:~50cc
取得可能な年齢:16歳
取得方法:運転免許試験場での筆記試験と、実技講習
費用:約8000円

小型限定普通二輪免許

乗れるバイクの排気量:~125cc
取得可能な年齢:16歳
取得方法:教習所or運転免許試験場での受験

AT小型限定普通二輪免許

乗れるバイクの排気量:~125cc (オートマ車に限る)
取得可能な年齢:16歳
取得方法:教習所or運転免許試験場での受験

普通二輪免許

乗れるバイクの排気量:~400cc
取得可能な年齢:16歳
取得方法:教習所or運転免許試験場での受験

AT限定普通二輪免許

乗れるバイクの排気量:~400cc (オートマ車に限る)
取得可能な年齢:16歳
取得方法:教習所or運転免許試験場での受験

大型二輪免許

乗れるバイクの排気量:全て
取得可能な年齢:18歳
取得方法:教習所or運転免許試験場での受験

AT限定大型二輪免許

乗れるバイクの排気量:全て (オートマ車に限る)
取得可能な年齢:18歳
取得方法:教習所or運転免許試験場での受験

どのバイクの免許を取るか

これはもちろん人によって変わりますが、、
お金と時間が許すなら大型二輪を取っておけば全てのバイクに乗れるのでお得です。
逆に取る意味があまりないかなと思うのはAT限定大型と小型限定です

現在オートマの400cc以上のバイクはとても車種が少なく、400ccのMTのバイクものれません。
AT限定大型を取るならAT限定普通二輪で十分だと思います。

小型限定も125cc以下のマニュアルバイクはほぼ壊滅状態です。 125ccのスクーターは人気があるので、小型で取るならAT限定でよいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする