バイクの教習が決まったら準備するもの

二輪の免許の申し込みが無事終わったら、教習を受けるために必要なものを揃えましょう。

とはいえ、申し込み時に必要なものの書類はくれるので確認しておきましょう。

バイク教習の服装

バイクの実習を受ける時は、安全に配慮した服装をしていないと受講させてくれません
半袖や短パンはNGです。サンダルはもちろん、クロックスなどもだめです。
靴は教習所によってはくるぶしまで隠れるというような条件もありますが、僕は普通、大型ともスニーカーでいけました。ただ、スニーカーソックスのようなくるぶしの隠れないものはだめでした。

服装は肌の露出が少ない格好にします。 当然長ズボン、長袖です。
夏場は薄手のウインドブレーカーやロンT、冬場は動きやすいダウン+ヒートテックなどがいいかもしれません。
ボトムはGパンでもOKです。

ヘルメット

ほとんどの教習所でヘルメットやグローブも貸し出してくれますが、人の使い回し嫌ですよね。。。
特に夏場などは匂いも気になりそうです。

バイクを実際に買った時のデザインとマッチさせるのが難しいですが、今後タンデムや予備としておいておけるヘルメットを買うのが吉です。

ヘルメットにも様々な種類がありますが、ジェットヘルメットか、フルフェイスにしておきましょう。
サブ用になるとはいえ、安全性のためです あまり安価なものは避け、1万円以上のものから探しましょう。

オススメはジェットヘルメットです。 いろんなバイクのスタイルに合わせることができ、顔は全面隠れるのでフルフェイスほどではないけども安全性も高いです。

教習所によっては半ヘルと呼ばれるタイプでは受講させてくれない可能性があります。

Amazonでヘルメットを探す

グローブも教習所によっては軍手でOKですが、のちのち自分のバイクをもったらどうせ必要になるので今のうちに買っておくべきだと思います。

雨具もどうせ必要になります。 買っておきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする