初めてのバイク用ヘルメット選び

バイク乗りの命を預ける 初めてのヘルメット選び




バイク乗りの命を守るヘルメット
価格もピンキリでデザインも沢山あります。

ですが、バイク事故で最悪の結果を招く原因は頭部へのダメージです
事故は起こさないことが一番ですが、万が一に備え自分に合ったヘルメットを選びましょう。

もちろんバイクと合ったイカすデザインも忘れてはいけません。

ヘルメットのサイズ

まず自分の頭の外周を計りましょう
頭の外周で、一番広い部分を計ります。

そのサイズを見てメーカーごとのサイズに合わせます。
安全性の面からだけでなく、快適なツーリングのためにヘルメットのサイズを合わせる事は欠かせません。

バイクヘルメットの規格

バイクのヘルメットには安全規格が設けられています。

公道で使用できる最低ランクがSGです。SG認定が付いていないヘルメットは公道で使用できません。

安全性を考えると最低限 JIS規格をクリアしているものにしましょう。
落下試験など厳しい性能テストをクリアしています。

JISより厳しい規格をクリアしているのがSNELLとMFJです。

SNELL規格は5年ごとに内容が更新され、世界で最も厳しい安全基準です。
MFJは競技用規格のヘルメットです。

バイク用ヘルメットの種類

フルフェイス




フルフェスは文字通り顔全体を覆えるヘルメットです。
最も安全性に優れていて、中型〜大型まで愛用されています。
高級なものになれば、安全性はもちろんのこと換気や、つけ心地まで計算され、長時間つけても疲れない設計になっています。

フルフェイスのヘルメットをBikeBrosで探す

ジェット


ばりばりにカスタムしたアメリカンバイクにレーシなフルフェイスはちょっと、、、という時にはジェットヘルメットにしましょう。

アゴが出てしまう分、安全性ではフルフェイスに劣りますが、視界が広い分開放感があります。

かわいいデザインも多数あり、女性ライダーにもおすすめです。

ジェットヘルメットをBikeBrosで探す

オフロード



タイトル通りオフロード用のヘルメットです。
トラッカータイプのバイクなら安全面はもちろんのこと見た目もばっちりハマると思います。

ただ、風きり音はフルフェイスより大きくなります。

オフロードヘルメットをBikeBrosで探す

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする