バイクの種類と特徴のまとめ

自分にあったバイクを探すために

ひとこにバイクといっても、バイクにはそれぞれの目的に向いたバイクがあります。
がっつりツーリングを楽しみたいのか、通勤通学にメインでつかうのか、カスタムをして楽しみたいのか

このページではそれぞれのバイクの特徴を上げていきます。

バイクの種類

アメリカン

HDハーレーに代表されるアメリカンバイク
名前の通りアメリカで生産されました アメリカンという呼び方は日本独自で、世界的には「クルーザー」と呼ばれます。
アメリカの広大な直線道路を快適に走るために生まれました。

重量があるので取り回しが大変ですが、足つきがよくコツさえつかめば女性でも十分操れます。

250ccから1000cc以上までラインナップされていますが、400cc以上からがメインの車種です。

また、カスタムベースとして人気があり、チョッパーやボバー、フリスコ、最近ではカフェレーサースタイルも流行っています。

ライディングポジションも足を前に放り出し、手も余裕のある位置になるため長時間乗っていても疲れませんが、高速ではその姿勢ゆえ、風をもろにうけるので、高速道路の走行は苦手です。

アメリカンバイクはこういう人におすすめ
  • 威圧感のあるバイクに乗りたい人
  • ゆったり走りたい人
  • スタイリングに惚れた人
アメリカンバイクはこういう人には向かない
  • 通勤など小回りが必要な場面にバイクを使いたい人
  • 高速など長距離高速ツーリングをしたい人

ネイキッド

Honda CB400 Super Four最もバイクらしい形のバイク それがネイキッドです。
250cc~大排気量までラインナップも充実しています。

ライディングポジションも楽で長時間乗っていてもつかれずらい姿勢ですが、バイクを操る楽しさが十分に味わえます。

体はむき出しになっているので、アメリカンほどではないですが、やはり風圧は感じます。

教習所で乗るのは大体ネイキッドでしょう。街中をながしてもよし、高速をクルージングしてもよしの優等生バイクです。

中古市場でも状態のいいものが多く、バランスを求める方におすすめです。

ネイキッドバイクはこういう人にオススメ
  • 通勤、通学からツーリングまでバイクを幅広く使いたい人
  • 速さをもとめるが、SS系の見た目が好きでない人
  • 乗りやすいバイクに乗りたい人
ネイキッドバイクはこういう人には向かない
  • 人とかぶるのが嫌な人

スーパースポーツ

cbr600rr_2031114a

とにかく走りを追求したい! そんな方にはスーパースポーツ 通称SSです。
レースで使われるマシンを公道使用にしたイメージです。
狭いハンドルに前傾姿勢でスポーツ感は満点です。

車体は軽く、車幅も狭いので取り回しは楽なのですが、シートとハンドルの距離が遠く、足つきが悪い場合もあるので、女性は買うときに要確認です

前傾姿勢で、カウルもついているため高スピードで走っても安定していますが、そのポジションゆえ、体重を支える腕や腰が痛くなることもあります。

スーパースポーツはこういう人にオススメ
  • とにかく速さをもとめる人
  • 高速道路でガンガン遠出したい人
スーパースポーツはこういう人には向かない
  • あまり維持費をかけたくない人
  • 乗りやすいバイクに乗りたい人

ビックスクーター

Unknown

スクーターの大排気量版です。
メットインが広く物が多く入るので、通勤や通学にも十分使えます。

ライディングポディションもいすに座っているようなものなのでとても楽です。 タンデムも他のバイクに比べ快適です。

車重は重く、ギアもオートマなのでスポーツ走行は無理かもしれませんが、YAMAHAのT-MAXなど、スポーツよりのモデルも発売されています。

オフロード

Unknown-1

オフロードバイクは、名前の通りオフロード(あれた路面)を走るためのバイクです。
軽く、取り回しもしやすく、頑丈でメンテナンスもしやすいいいバイクなのですが、見た目のためわりと不人気です。個人的にはかっこいいと思うんですけど、、、

シート高はありますが、オフ車はサスペンションが沈むので見た目より安定感があります。
足が届きそうにないという理由で敬遠するなら、一度またがってみてください。オンロードで使ってもいいバイクです。

トラッカー

1020369_00_2002_06オフロードバイクをストリート寄りにしたものをトラッカーと呼びます。
魅力はなんといってもスタイリングと小回りの良さです。
スタイリングは社外パーツが豊富にあるのでカスタムもしやすいです。

ほとんど250cc以下なのでパワー不足は否めませんが、下道をトコトコ走るなら扱いやすさNo1でしょう。 初めての1台にぴったりだと思います。

クラシック

4

クラシックとは名前の通り旧車風のバイクです。
とはいえ、新車で発売されている物は規制をクリアするために最新技術で作られた物がほとんです。 ですが、エンジンをあえて単気筒や2気筒とで作るなどメーカーも乗り味を守ろうとしてくれています。

基本的に遅く、同排気量ではスピードでは勝負になりませんが、独特の乗り味といい見た目といい惹き付ける物が多いバイクです。 ほれたら買いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする