だまされないバイクの中古車選び1 走行距離とお店編

いざバイク免許を取ってさーバイクを買うぞ! となると、「新車で買おうか、それとも中古を買おうか。。。」

誰しも迷うと思います。 もちろんお金に余裕があり、新型で気に入るバイクがあるのなら新車を買った方がいいですが、
中古の方が安いですし、排ガス規制で新車では搭載されなくなったキャブレター車に乗りたいなど、中古バイクの購入を考える人も多いと思います。

価格もコンディションもバラバラ。。。 その中から自分にあった1台を見つけましょう!

当たりの中古バイクショップを探す

ディーラー、カスタム色の強いショップ、個人でやっているお店などなど、世の中には沢山のバイクショップがあります。その中で大切なバイクを購入する店をどこにするか、、、 これはとても大事な選択になります。 店を選ぶポイントとしては

  • 家から近い
  • 店主催のツーリングイベントがある
  • 常連がたむろしている

などが挙げられると思います。

自分で全てメンテナンスするのであれば問題有りませんが、故障やメンテなど家の近くにあるにこした事はありません。
そしてツーリングイベントと常連のたむろですが、これは販売したら「ハイ終了!」となっていない店の証だと思います。 ひどい中古を掴ませるバイクに常連が寄り付く訳はありませんので。

中古バイク買うなら走行距離はどれくらいまで?

で、いいバイク車体があれば実際にバイクを見て行きましょう。
まず気になるのはバイクの走行距離ではないでしょうか

中古車のバイクを買うなら中型で約1万5千キロ以内、大型で2万キロ以内
みたいな相場がありますが、これはイマイチ当てにならないと思います。

というのも、バイクはメンテナンス次第で寿命は大きく変わります。
1万5千キロをオイル交換2回で走ったバイクと、2万キロを3000km毎にオイルを交換してきたバイクなら間違いなく2万キロ走ったバイクの方がコンディションはいいです。

このように走行距離では一概にバイクの価値はわからないので、実際に目で見て、エンジン音を聞いて購入しましょう。 次回詳しい中古車の選び方を解説します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする