バイクを譲ってもらったらすること 原付の名義変更の方法

バイクをもらったら名義変更をしよう

運良く信頼できる人からバイクを譲ってもらうことができれば、こんなラッキーなことはないですよね、あまりオススメはできませんがオークションで購入することも有るかと思います。

個人でバイクをもらったり売買した時は名義変更の手続きを踏まなくてはなりません。

バイクの名義変更は、排気量によって多少手続き、必要書類が変わってきます。

原付、125cc以下の名義変更

125cc以下の原付は 各市区町村の役場で名義変更ができます。
原付の名義変更の手続きはやり取りをする人同士の住んでいる場所などで手続きが変わります。

同じ市内に住民票がある人に原付をもらった場合の手続き

バイクを受け取る人、譲る人が同じ市区町村内の場合の必要なものは

  • 新しい所有者の印鑑
  • 前の所有者の標識交付証明書
  • 譲渡証明書か前の所有者の印鑑

が、必要になります。標識交付証明書は原付を購入した時についているはずですが、もし紛失している場合は、前の所有者に役場で再発行してもらいましょう。 無料で印鑑があればできます。

譲渡証明書は市区町村のホームページからダウンロードできるところもあります。
例:山口市

ちなみに、形式さえ合っていればいいのでどこの市区町村のファイルを使っても大丈夫です。

市区町村が違う人に原付をもらった場合の手続き 廃車にしていない場合

バイクを受け取る人、譲る人の市区町村が違い、廃車の手続きを踏んでいない場合以下のものが必要になります。

  • 新しい所有者の印鑑
  • 前の所有者のナンバープレート
  • 譲渡証明書
  • 標識交付証明書または標識取替通

譲り受けるバイクが廃車申告済みの場合

譲り受けるバイクが廃車の申告をしている場合、以下の物が必要になります。

  • 新しい所有者の印鑑
  • 前の所有者の廃車申告受付書
  • 譲渡証明書

廃車の仕方によっては廃車申告受付書と譲渡証明書は一枚の用紙になっている場合もあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする