バイクの任意保険が必要な理由

バイクの自賠責と任意保険

バイクを公道で乗る場合、自賠責保険に加入することが定められています。

自賠責保険に加入せず運転した場合、たとえ事故等をおこさなくても1年以下の懲役または50万円以下の罰金、証明書を所持していなかっただけで30万円以下の罰金がかせられます。

詳しくはこちらのページを見てください。

自賠責の損害補償範囲

自賠責では、第三者の死亡、ケガに対してのみ保険が支払われます。
加害者本人や車両、物を壊した等には支払われません。

支払われる金額も被害者の死亡で3’000万円まで、ケガで120万円までと
十分な保証とはいえません。 そこで必要になってくるのが任意保険です。

バイクの任意保険が必要な理由

まず、自賠責は自分のケガには支払われないということ。

バイクは転倒しやすい乗り物です。 擦り傷や打撲程度ならいいですが、自分が長期入院や障害が残った時に自賠責では一切保証されません
それに、万が一人を引いてしまったとしたら3000万では足りません、 場合によっては一億。2億という請求が来る場合もあります。

物損も自賠責では保証されません。万が一追突してしまい、相手の車を傷つけても全て自分で保証しなくてはいけません。

任意保険を契約する時には保証内容をしっかりチェックしましょう。
こちらのページで任意保険の保証内容を書いていますので是非チェックしてください。

バイクの任意保険はいくらかかるか?

バイクは等級によって保険料は年々安くなって行きます。
ですが、車の等級は引き継げません。

バイクの任意保険は年齢により大きく異なってきます。
排気量は保険料を決める大きな差にならず、250cc以上はほぼ一緒です。

保険料を決める大きな要因は年齢になります。概算ですが250cc以上の場合

  • 16歳~    // 6万円~
  • 21歳〜 // 2万7千円~
  • 26歳〜 //  2万円~
  • 30歳〜 //  1万6千円〜

あたりがバイク保険の相場になります。

以下のサイトから簡単に8社から同時見積りが取れます。

インズウェブバイク保険見積りサービス

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする