バイクの排気量について 二人乗りができるのは何ccから? 高速は?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-18-13-33バイクの免許をとり、憧れのバイクを買って彼女や友達をのせタンデムででかけたり、高速道路に乗って遠くまでツーリングにいったりと楽しいバイクライフを想像している方も多いのではないでしょうか。

タンデムは一人で見ていたものを二人で共有でき、高速道路に乗れば、今までいけなかった所までバイクでいけるようになり、さらにバイクが好きになることでしょう。

ですが、二人乗りもタンデムも一人で下道を走るより、運転技術や慣れが必要で、バイクの排気量により規制もされています。

うっかり違反を切られないために、タンデムと、二人乗りの条件を確認しておきましょう。

高速道路を走れる条件

  • 126cc以上の自動二輪
  • (2人乗りは20歳以上で普通二輪取得後3年経過)

高速道路には125cc以下のバイクは乗れません。 これは高速だけでなく、ほとんどの自動車専用道路も125cc以下の通行は禁止されています。

つまり、中型自動二輪の免許と126cc以上のバイクであれば高速道路は免許を取った日から乗れます。
AT限定も関係ありません。

ですが、タンデムは20歳以上かつ、普通自動二輪の免許をとってから3年経過していることが条件になります。

もし125cc以下のバイクで高速道路に侵入した場合

通行禁止違反 2点と罰金¥5000 になります。

タンデムができる条件

排気量が51cc以上

バイクは排気量が51cc以上でないといけません。
原付(白ナンバー50cc以下)ではだめですが、原付2種(黄色、ピンクナンバー 51cc~125cc)はOKです。

免許的には、小型自動二輪以上の免許があればOKです。

免許取得から1年経過している

二人乗りするには、小型自動二輪以上の免許をとってから1年経過していることが条件です。
これは、一人乗りに比べて二人乗りは運転技術、慣れが必要だからです。

免許取得から1年以内に二人乗りして捕まった場合
普通自動二輪車初心運転者乗車方法違反 で2点と¥12000の罰金です

罰金も点数も痛いですが、タンデムは後ろに乗る人の命も預かっています。
しっかり運転技術をつけ、装備を整えてからにしましょう

高速での二人乗りは20歳以上 免許取得から3年経過

高速道路での二人乗りは 20歳上かつ、免許取得から3年が経っていることが条件です。

なお首都高は二人乗りでのバイクの走行はできません

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする