バイクの防犯対策 最低これだけはやろう!

バイクはその特性から、車より盗まれやすいです。
バイク本体にはハンドルロックが付いていて、簡単に動かせないようになっていますが、

二人掛かりでこられると動画のように簡単に持ち去られてしまいます。

バイクは年間4万台もが盗難に遭っています。

高額で、人気のあるバイクは計画的な窃盗団による犯行もあります。
この場合海外に流される事が多く、戻ってくる可能性も低くなります。

ですが、簡単なセキュリティーを守れば、盗難の確率はぐっと下げられます。

バイクを人目に晒さない

まずは、バイクが犯人の目に晒されないよう用心しましょう。

専用のガレージがあれば一番ですが、アパートやマンションでは難しいと思います。
簡単にバイクを隠せる方法としてはバイクカバーです。

単純ですが、バイクの車種を特定させない事が大切です。窃盗犯もリスクを冒して犯行するので、カバーがかかっていて車種がわからないものより、カバー無しの狙った車種に目が行きます。 いたずら、パーツ泥棒の防止にもなります。

バイクを固定物と繋ぐ

メジャーな防犯方法として、チェーンがあります。

チェーンですが、太さが1cmもないものは簡単に油圧カッターなどで切断されてしまい、あまり意味がありません。最低でも1cm以上の幅が欲しいところです。

チェーンも1本だけでなく、できれば2本、3本と掛けておけば安心度がぐっと上がります。

あとチェーンはバイクのタイヤではなく車体のフレームと、破壊されない柱や、フェンスと一緒に固定しましょう。

バイクとタイヤを止めたのでは簡単に運び出されますし、タイヤと破壊されないものを止めていても、タイヤは簡単にはずせます。

また、出先で重いワイヤーを持ち運ぶのは辛いですよね
なので、簡易型のブレーキディスクに付けるタイプのロックを持ち運ぶのをお勧めします。

ブレーキディスクの穴に通しておけば、タイヤを転がるのが防止できます。
また、この手の商品はアラーム付きも多くあり、不審な揺れを感知するとアラームがなり、防犯効果は高いです。

ただ、付けたのを忘れて発信し、ブレーキを破壊してしまうこともあるので注意が必要です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする